ウーマン

コラーゲンを取り入れてもち肌に目覚めさせよう

肌をプルプルに保ちたい

コラーゲン

もちもちの肌になる働き

コラーゲンと言うのは、脊椎動物の骨や軟骨などに構成されているたんぱく質の一つで、体内に存在しているコラーゲンは、人間では全タンパク質のほぼ30%を占める程多いです。コラーゲンの主働きは肝臓などを形作る、構造材となっていて、水には溶けずに繊維状になって細胞同士をくっつけさせ、臓器を作り出しています。体内でのそれぞれコラーゲンによって大事な役割があります。例えば皮膚なら、コラーゲンの全体は皮膚に存在して、触った時に弾力があったりするのは全てコラーゲンのおかげです。骨はI型コラーゲンが中心にあり、骨を作り出すリン酸カルシウムが接着剤となって、支える骨を作って行きます。軟骨はクッションのような動きをするために、細い繊維を作って間接にかかる力を全て吸収します。コラーゲン自体は年齢を重ねる事に下がって行きますが、保湿を保つには栄養素を体内に入れていくことで生成出来ます。コラーゲンを構成するアミノ酸はいくつかあり、プロリンやリジン、ビタミンC,亜鉛などです。プロリンとリジンは大豆や高野豆腐などに含まれています。ビタミンCはピーマンやパプリカ、亜鉛は豚レバーや牛肉などに入っています。常日頃からこれらの食材を摂る事によって、体内でのコラーゲンの保湿をする事が出来ます。しかし、食材を摂取するにも毎日同じメニューでは飽きてしまう場合があり、栄養も偏りがちになってしまう恐れがあります。そのような問題を解決してくれるのが、サプリメントや健康食品です。現在では、コラーゲンやその他の栄養素が含まれているサプリメントや健康食品などが数多く販売されています。これらをうまく活用して摂取することによって、食事で摂取出来なかった栄養素が補えるのです。コラーゲンを摂取して保湿が出来れば、肌や皮膚の弾力やハリなどを持続して保つ事が出来ます。