ウーマン

コラーゲンを取り入れてもち肌に目覚めさせよう

肌だけではない効果

女の人

コラーゲンというのは、そもそも人間やその他動物の体内に最も多く含まれているタンパク質の一種です。コラーゲンは実は体のあらゆる組織に存在していて、細胞のつなぎとなっています。人間の体になくてはならないものですが、コラーゲンの量は大体10代後半を境に減少していくと考えられています。コラーゲンの効果として有名なのは肌への効果です。肌の真皮の9割を占めているので、シミやシワを防いでくれます。また、体への効果としては肩凝り腰痛、眼精疲労、白髪対策などに効果があります。コラーゲンの種類は大きく分けて2つあり、水溶性と動物性です。水溶性は消化しやすく吸収しやすいという特徴を持っていて、匂いも少ないです。特に皮から抽出したものは非常に上質だと考えられています。動物性は牛や豚などから抽出されたゼラチンで現在ではあまり使用されていません。とても重要な要素だとはわかっていても、なかなか食品で摂取するには限界があります。そのため、健康食品を利用する人が多くいます。しかし、あまりにも多くの種類があるのでどれを選べば良いのかわからないという人も多いので、見極め方も理解しておくようにします。最も重要なことは配合量です。また原材料の種類や分子量の大きさによって1日に飲む目安量も変わってきます。多くの場合が5g摂取を目安にしていますが、きちんと目安量を明記しているものが良いです。また、サポート成分というものも配合されており、色々な成分の中でもビタミンCが含まれているものだと吸収率が上がります。